お住まいの外壁リフォームサイトでは皆様のご自宅が長く住まわれるようお役にたてる情報をご案内しています。

いつ、外壁のリフォームをすればいいのだろう?

◎外壁塗装をお考えの方へ

はじめに、外壁は天候によって様々な過酷の状況下に置かれて雨・風・熱・光と刻々と変化に耐えています。
その為、経年劣化の影響が大きく時期尚早にメンテナンスが必要になったりします。
一概に建ててから何年たったからと決まりはありません。それは地域などの建っているロケーションなどでも耐久性が違ってきます。以前までは建物の外壁は防水性や耐火性を追求されていたのですが近年の状況として気象変動ならびに震災などから安全性を必要とされてきました。

サイディング

さらにプライベート空間を重視する時代となり遮音性とプライバシーの保護で外部から遮断などの性能も大切なことに挙げられています。
しかし、人間の感覚から感じ取られるのは直接目にして触れる情景の美観を最優先される方がいます。
そろそろ壁の汚れが目立つからとかもう何年経つからとか訪問販売員から建物の傷み箇所を指摘受けたとかでなくまずは自宅の建物の状態を知ることにあります。
素人目では調べてもそれぞれの外壁材にはどんな特徴があってどんなメリット、デメリットがあるのか分かりませんよね。ここでは「外壁の種類」、「外壁のメンテナンス方法」、「外壁材料の選び方」などをご案内していきます。

外壁の塗り替えが必要になる目安と症状
壁のひび割れや剥離
雨染みの浸透
金属からのシミや錆の浸食
チョーキングやコケ、藻の付着
貼り付け材質の浮き、反りまたは欠損
貼り付け材質との合わせのコーキング材の劣化
外窓の建具廻りのコーキング材の劣化

外壁塗料の選び方
ア ク リ ル (5~7年)
ウ レ タ ン (8~10年)
シ リ コ ン (10~15年)
フ ッ 素 (15~20年)
光 触 媒 (15~20年)


スポンサーリンク

◎====【スポンサーリンク】====◎
SHOP CHANNEL
本日のSHOP STAR VALUE


売れ続けるには訳がある 
観て納得のロングセラー!ダイジェスト

HS系