既存外壁の上から施工ができ最近のリフォーム市場では今後の需要がある外壁材です。

■ サ イ デ ィ ン グ ■

窯業系サイディング
セメントと繊維などの原料をもとに加工し平らな板にて造られた板(ボード)の形をして意匠性、価格面でも
総合的に優れていてボードの色または柄も各社豊富に開発して近年の住宅でもっとも多く使用されている
外壁材です。

外壁材としては強固で耐久性や防水、防火性にも優れている製品でもありますがサイディングボードとボードの
継ぎ目(目地)のコーキング材が経年劣化により接着面が消耗して雨水などの侵入が防げなくなりサイディング
ボードに浸透して歪みや反りを起こし割れてくることもあります。

ボードとボードの継ぎ目(目地)のコーキング材に劣化が見られたら改修が必要です。
ボードを注意して見る点は表面が変色または退色してないか表面や角の剥離がないか歪み反りがないか表面に
白い粉(チョーキング)が付着してないかなどの症状をしっかりとチェックすることが重要です。

金属系サイディング
金属サイディングの金属の材質はガルバリウム鋼板、亜鉛メッキ鋼板、ステンレス鋼板、アルミニユム鋼板など
表面には薄く鋼板が貼られ使用され耐久性に優れています。
中は断熱材が重ねられて保温、防音効果もあり外壁材としては軽量なので従来の傷みが酷く修復が不可能な
モルタル壁などに新たに壁を造る重ね張り(カバー工法)にてよく使用されています。
比較的メンテナンスの周期は長めですがデメリットなところはこの素材の金属サイディングボードのコスト面は
高価です。

サイディング (左側: 窯業系サイディング 右側: 金属サイディング)


樹脂系サイディング
樹脂系サイディングは塩と石油などを主原料とした樹脂製で造られています。
日本ではあまり使用されているところが少なく知名度も低いのですが北米では50パーセント以上のシュアが
ある外壁材です。特徴としては重量がとても軽く窯業サイディングと比較すると1/10の軽さなので運搬もしやすく
建物の躯体への負荷を少なくメンテナンスも必要性がなく耐用年数も長く既存の外壁からも重ね貼り(カバー工法)も
できる材質です。

木質系サイディング