耐火性、防火性があり強固な建築物ビルなどの外壁として使われ近年では一般の住宅外壁材として使用されています。

■ A L C ■

ALCはケイ酸質、石灰質、アルミニウム粉末を原料とし高温高圧で蒸気養生された軽量気泡コンクリートパネルで水に浮き断熱性、耐火性に優れています。よく鉄骨造のビルや商業施設の外壁材として使われています。
最近はいろいろなデザインが多く意匠もあるので木造住宅の外壁材としても時々使われるようになりました。また、このALCのデメリットな部分は多○構造なので水をよく吸収しやすいので防水性には向いていません。
防水性を保つには仕上げに防水塗料仕上げをして撥水硬化を作ってあげなければなりません。ALCにはパネルとパネルのつなぎ目がありその合わせの部分はコーキング材で埋めてあるのですが劣化により防水効果が低下するとその部分から雨水の侵入で雨漏りの原因にもなります。
日頃からALCの表面の撥水効果(塗膜)とつなぎ目のコーキング材の劣化を定期的な点検が必要です。
リショップナビ