フ ッ 素

シリコンの上を行くグレードのフッ素塗料は平米単価も高いだけあって耐久性も高いのが特徴です。
フッ素樹脂の原料は蛍石(ほたるいし)と言う珍しい石からできています。
この蛍石に硫酸を反応させるとふっ酸というモノができふっ酸とクロロホルムを反応させたモノを熱分解して原料が出来上がります。

・低汚染性
非粘着性に優れ汚れをひきやすく汚れがつきにくくてカビや藻を防ぐ効果にも優れてます。

・低摩耗性
光沢の保持を高めて長年経っても綺麗な外壁を維持できます。汚れなど雨水が汚れの下に入り込み汚れを浮き上がらせそのまま流れ落とすことができます。

・耐候性
外壁は長期間、紫外線や風雨にさらされても耐久性に優れおおよそ15~20年くらいの耐久年数があると言われてます。

しかし、フッ素でもデメリットな事はいくつかあります。一般的には平米単価の塗りコストが高い。
あまりにも劣化している壁に塗装すると塗膜が硬いのでひび割れが起きてしまうので壁の状態を見て判断するなどフッ素塗料は艶があるので艶消し、マットを希望している人には不向きです。
フッ素塗料を使う場合はしっかりとした壁の下地処理(素地調整)ができる知識のある施工業者に依頼しましょう。

外壁塗料の選び方

外壁塗料の選び方
ア ク リ ル (5~7年)
ウ レ タ ン (8~10年)
シ リ コ ン (10~15年)
フ ッ 素 (15~20年)
光 触 媒 (15~20年)

外壁の塗り替えが必要になる目安と症状

外壁の塗り替えが必要になる目安と症状
壁のひび割れや剥離
雨染みの浸透
金属からのシミや錆の浸食
チョーキングやコケ、藻の付着
貼り付け材質の浮き、反りまたは欠損
貼り付け材質との合わせのコーキング材の劣化
外窓の建具廻りのコーキング材の劣化
外壁塗装の駆け込み寺②