税制 

省エネ、バリアフリー、耐震リフォームをした場合は金融機関によって
「エコ」リフォームであれば省エネ資材や太陽光発電などの機材設置し
CO2排出の削減するためのリフォームであれば金利の引き下げなどの
優遇措置を受けることがありますのでこの点も「エコ」リフォームか
どうか工事施工会社に確認するのも良いでしょう。

さらに知って得なのが「10年以上のローンを利用した場合」、ローン残高の
1%が10年間戻ってくることがあります。
但し、返済期間が10年以上のリフォームローンまたは住宅ローンを利用した
場合に毎年、10年間の年末調整時に所得税・住民税から控除されるので
こちらも確認してください。
条件としては床面積50㎡以上なおかつ100万円超のリフォーム工事費用です。

詳しくは税務署のホームページまたはお近くの税務署にご相談してみて下さい。

また、軽減制度としてはリフォーム費用を親や祖父母からの援助により
受けた場合(工事費が100万円以上)例えば工事費用が700万円だったらその他、
条件によって110万円の基礎控除として810万円までが非課税となります。

一定額まで贈与税がかからない特例もありますのでこちらも
税務署などにお問合せしてみるのも良いかと思います。

外壁塗装の駆け込み寺②