ア ク リ ル (5~7年)

アクリル塗装は昭和の時代、一般住宅のリフォームでは外壁塗料としては主流で使われていましたが近年ではほぼほぼ使われることがなくなってしまいました。現在の塗料では一番低いランクの塗料ですが使い方によっては好まれる塗料です。

平米単価のコスパが良い、ツヤ・発色が良い、豊富な色がある、一液型の塗料なので希釈(水や溶媒を加え薄める事)することがないので手間が掛からない。下地との密着性が良いので重ね塗りしやすいなどの点があげられます。

但し、デメリットな点は塗膜の劣化が早い、おおよそ5~7年くらいで酸化還元が起こりやすくなってメンテナンスする手間が掛かる。塗り替え時、以前の塗膜をケレン(旧塗料を落とす作業)して取り除いてから塗る。塗膜が硬いのでヒビが入りやすく建築物には不向きな紫外線や酸性雨などに弱いです。
ならば、アクリル塗料はむしろ家具や木製品などの塗料に最適で日曜大工のDIYに気軽に取り扱う事ができホームセンターなどでも一般的に少量の塗料で買うことができます。

しかし、近年では品質改良が進み進化形のアクリルシリコン樹脂塗料が開発されてからは一段とグレートアップしました。もともとのシリコンと違いはアクリルにシリコンを反応させて作った塗料なのでこの樹脂塗料の特徴はフッ素樹脂塗料には及ばないですが他の塗料に比べて耐用年数は長く耐候性が優れ下地素材に対する付着力・艶の保持力もあり耐汚性、耐水性からして性能はフッ素樹脂にも引けを取りません。

アクリルシリコン樹脂塗料には、水溶性・溶剤系の二種類あるので建物の外壁材によって使い分けをします。最近ではどちらかと言うと環境に優しく費用対効果のある水性アクリルシリコン樹脂が好まれています。

外壁塗料の選び方

外壁塗料の選び方
ア ク リ ル (5~7年)
ウ レ タ ン (8~10年)
シ リ コ ン (10~15年)
フ ッ 素 (15~20年)
光 触 媒 (15~20年)

外壁の塗り替えが必要になる目安と症状

外壁の塗り替えが必要になる目安と症状
壁のひび割れや剥離
雨染みの浸透
金属からのシミや錆の浸食
チョーキングやコケ、藻の付着
貼り付け材質の浮き、反りまたは欠損
貼り付け材質との合わせのコーキング材の劣化
外窓の建具廻りのコーキング材の劣化
リショップナビ